BABY LOVE

出産祝いの選び方|貰い手の気持ちを考えることが大切

お返しについて

選ぶために

プレゼントを持つ人

様々なシーンでお祝いをもらうことがあります。結婚や出産、入学、卒業、就職など色々とあります。お祝いをもらった時、いつも悩むのがお礼です。日本では、お祝いをもらったとき、お返しをすることが風習となっています。どんなものを選んだら良いのか悩んでしまいます。そんなお返しの中で、出産祝いをもらった時に、お返しをする出産内祝いについてどんなものを選んだら良いのか、また、どのタイミングで出産内祝いを渡せば良いのか説明します。出産内祝いは、出産祝いをもらった人に贈ります。贈るタイミングは、子供が誕生し、お宮参りを行なった後に、贈ると良いです。また、お宮参り後にもらった出産祝いの場合は、1ヶ月以内に出産内祝いを贈ることが好ましいです。また、出産内祝いの金額は、出産祝いの金額の2分の1から3分の1のものを贈ると良いです。そして、どのようなものを贈ると良いでしょうか。昔は、赤飯や砂糖、紅白まんじゅうが贈られていました。しかし、賞味期限の問題などもあり、最近は、これらのものは見られなくなりました。その名残として、砂糖とコーヒー、紅茶のセットは人気となっています。出産内祝いの場合、相手が喜ぶものを考えて贈ることが良いです。また、最近では、赤ちゃんの写真を出産内祝いと一緒に送る方もいますが、親戚までに送る方が無難です。あまり、親しくない人に送ると写真の扱いに困ってしまいます。相手が困ってしまうものは避けることが好ましいです。

値段も考慮する

乳児

赤ちゃんが無事に産まれたことをお祝いするために、親族や友人たちは、出産祝いを贈ってくれます。もらったままで終わらせるのではなく、ちゃんとお返しとして出産内祝いを贈るのがマナーです。カタログやタオル、デザートなどのギフト用品を販売しているお店なら、出産内祝い用の商品のコーナーがあります。ランキングもあり、今出産内祝い用に実際に購入されているものの中の人気商品や流行がわかるので参考にするといいでしょう。出産内祝いの値段は、もらったものの値段の半額か3分の1の値段が相場だと考えられています。出産祝いをもらった時点で、相手ごとにもらったものの種類と値段をリストアップしておくと、出産内祝い選びの時に困りません。あくまでも相場なので、親しい友人や両親等への出産内祝いの場合は、どれくらいの値段でいいか話し合って決めてもいいでしょう。両親にとっては、生まれた赤ちゃんは自身の孫にあたります。カタログの表紙や、ジュースのラベルなどに赤ちゃんの写真がプリントされているタイプの出産内祝いは、好みがわかれるものです。でも、祖父母にあたる両親に贈るなら歓迎されやすいでしょう。一人ひとりが選んでくれたギフトとは異なり、お返し選びで困るのが複数の人たち合同で出産祝いを贈ってくれた場合です。このようなケースなら、簡単な食事会やランチ会を主催して、その場でお菓子などを配ったり、手ごろな値段のプチギフトを一人ずつ渡す方法が適しています。

必ずお礼状を添えて

女の人

子供が生まれると、親戚や友人・知人など多くの人から出産祝いをいただきます。こうしたお祝いに対しては、内祝いという形でお返しをするのがマナーとなっています。出産内祝いは、子供が生まれてから1か月後のお宮参りの時期ごろまでに行うのが良いとされています。出産直後はバタバタして何かと忙しいというのは相手方も承知してますが、あまり遅くなると失礼に当たります。遅くとも2か月以内にはお返しをするようにします。内祝いの品物は、安すぎると失礼ですし、かといって高過ぎると相手方に精神的負担を与えてしまいます。内祝いは昔から「半返し」が相場と言われていますが、出産内祝いについてもいただいた物のおおむね半分から3分の1程度の予算で品物を選ぶようにします。では、出産内祝いにはどんな品物を贈ったらよいかというと、よく知っている相手であればその人たちが好みそうな物を贈ればよいということになります。好みや趣味をあまりよく知らない人たちに対しては、米や調味料などどの家庭にも必要な食品や、あまり個性の強すぎない食器類などが昔から人気があります。また、最近では予算に応じて好きな商品を選んでもらえるカタログギフトが、相手の欲しい物を確実に届けられるとして人気を集めています。出産内祝いを贈る際には、必ず挨拶状を添えるようにします。商品だけでは事務的な印象になってしまうので、言葉で感謝の気持ちを伝えるのはとても大事です。子供の写真入りの礼状などを制作すれば、お披露目の良い機会となります。